人生が変わる

もし余命3か月と言われたら

もしもの話です。
もしあなたが余命3か月の命だと宣告されたら、
あなたは何をしますか?

今の仕事をほっぽり投げて、
あれしたい、
これしたい、
ここ行きたい、
これ食べたいetc...

と思われたあなた。


そんなあなたは、
現在『本当の自分』を生きていない
可能性が高いそうです。

もし『本当の自分』を生きていたら、
「このまま3か月後まで 今のまま突入で良いや」
と思うのだとか。

あなたはいかがでしょう?

シンガポール生まれの
香港で暮らすインド人女性のアニータ・ムアジャーニさんは、
全身をガンに侵されたあと臨死体験をし、
その後ガンが全て消えてしまうという
不思議な体験をした人です。

臨死の後、
あの世から戻る決意をして生き返り、
その体験で得たメッセージを
「喜びから人生を生きる!」(ナチュラルスピリット社)
などの著書や講演会によって、
現在も多くの人に届けています。

 

 

 

 

アニータさんは、
インド、中国、西洋など
様々な価値観が交錯する
環境で育つ中で、


「人から嫌われないように」
「人をがっかりさせないように」
「失敗しないように」
「病気にならないように」

など、外側の『他者基準」で生きていました。

彼女は「それで自分はガンを患ったのだ」と気づきます。

臨死して、
自分がこの世に生を受けたのは
「自分自身でいること」
「自分らしさを表現するため」
だったと悟り、
この世に戻って来るのです。

何か問題が起きた時、
迷いがある時、
私たちは人の意見であったり
本に書かれた説であったり、
外側に答えを求めがちです。

しかし、『自分の内側に向き合うこと」がとても大切なのです。

『自分主体』で生きること、考えること。
実践して行きましょう。

♪♪海のかなたには もう探さない

  輝くものは いつもここに  

  わたしのなかに みつけられたから

  la la lan lan ~~♪♪

映画『千と千尋の神隠し』のテーマソング「いつも何度でも」より。

 

 

 

                                                               2019/10/20

-人生が変わる,
-, ,

© 2021 50歳からの声楽教室 MIA VOCE(ミーア ヴォ―チェ) Powered by AFFINGER5