歌うこと

声を出すこと

声帯は長さ2センチにも満たないような小さな器管です。そこを肺からの空気が通り、左右の粘膜に覆われたひだが振動することで声が出ます。

シニアになると独り住まいの方も多く、特に昨年来のコロナ禍においては「喋る機会」が減っていて、声帯の根元の筋肉がやせてしまって声を出しづらくなっている方を多く見受けます。

声帯の筋肉が痩せてしまうと、声帯がきちんと閉まらなくなり声がかすれる等の症状が出ます。声帯がきちんと閉まらないと、身体に力が入らない状態となり、重いものが持てなくなるなど、身体にも様々な不具合が出て来ます。

そのため、積極的に声を出す機会を作ることは、シニアにとって非常に大切です。特に歌唱活動は、話し言葉より使う音域も広く、呼吸も深く吸い、長く吐く必要があり、更には舌や口周りの筋肉も動かし、身体全体そして口腔ケアにとっても非常に良いリハビリとなります。

一般に、私たちは年齢を重ねると出せる音域が下がって来ますが、少しずつ練習をしていると高い音も出せるようになって来ます。高い調子で歌うと、明るい感じの心理的効果も期待できます。

無理なく楽しみながら、健康維持を図って行きましょう。(2021.7.20)

-, 歌うこと

© 2021 50歳からの声楽教室 MIA VOCE(ミーア ヴォ―チェ) Powered by AFFINGER5